みなさんこんにちは!

今年の冬はほんとに寒いですよね~

1月に10cmを超える積雪もありました!

昼の気温もひとケタと、冷蔵庫の中で生活しているかのような毎日でした

私はいつも冬になると手の末端冷えに悩まされていましたが、今年はこんなに寒くても冷えない手になっていたんです⌄̈⃝

 

ポカポカ体質

どのようにして、ポカポカ体質になったか。

もしかしたらこれかも!

と思い当たる事をみなさんに参考になればと思い、お話させていただきます

✤生姜を食べる✤

皆さんご存知の通り、とても冷えに効果的で代表的な食べ物のひとつだと思います。

私は春頃から、特によく生姜を食べました。

生姜の冷え性改善の効果が凄い!【おすすめ】の冷え性対策とは

 

生姜の食べ方【その1】

ピクルス・・・市販のかんたん酢と、お酢1:1の割合にします(お好みで)

  • 夏は葉生姜がとても美味しいので、茎を切りそのまま漬ける
  • 根生姜の場合は皮をむいて薄切りで食べやすい大きさにして漬ける

生姜だけでは飽きてしまうので、パプリカ(赤、黄色)きゅうり、セロリなどを一緒に漬けました。
(こちらもお好みで色々なお野菜をどうぞ)

それを朝晩食べてました(ˊᗜˋ)

ですが調べたところ実は、冷えにはあまり効果的ではないようでした(^-^;
↓↓↓

ジンゲロール

生の生姜に含まれているジンゲロールは、殺菌力と発汗作用がある。

生姜の辛味成分の1つであるジンゲロールは、生の生姜に多く含まれています。

特徴として

強い殺菌力、 発汗作用などがあります。

お寿司屋さんのガリや薬味として生の生姜が使われているのは、殺菌効果があるジンゲロールの特徴を活かしています。

殺菌効果は、風邪の菌やウイルスにも効果が期待できます。発汗作用もあるため、風邪の引き始めに取ると良いでしょう。

発汗作用があるので、ジンゲロールは冷え性に効きそうですよね。しかし身体の表面を温める効果はあっても、身体の深部にはあまり効果がないとされています。

冷え性は、血の巡りが悪い 内臓が冷えている。

など体内に関わる症状があります。

つまり体内から温めてくれる効果がないと、冷え性の改善にはあまり期待できません。

風邪を引いた時に発汗を促すには良いですが、冷え性の改善にジンゲロールは向いていないのです。

引用:生姜で冷え性を改善!温かい生姜で身体の芯からポカポカに

あら?

ひょっとしたら、私の対処法は間違い…

ふと不安になりますが。

お酢には柔軟な身体を作ってくれたり野菜の食物繊維も豊富にとれる、ウィルスにも強いのでご参考までに(笑)

 

生姜の食べ方【その2】

おろし生姜

チューブのしょうがでももちろんいいですが、時間がある時は必ずすりおろします。

  • 味噌汁
  • スープ
  • ラーメン
  • うどん
  • 野菜炒め

など、あらゆる料理にちょい足し!

ですが、ひとつ注意点があります。

全て、出来上がる直前に入れる事です。

しょうがの効能が以下のように変わるからです。
↓↓↓

ショウガオール

生姜に熱を通すことで生まれる『ショウガオール』という成分をご存知でしょうか?

実は、このショウガオール。

昔の私のように、冷えに悩む方には最強のパートナーなのです。

では、このショウガオールさん。

いったいどこからやってくるのか?

それは、なんと。

先ほどの、ジンゲロールが変身することで、ショウガオールになるのです。

その仕組みは。

ジンゲロールに熱が加わることで、ショウガオールになる!

というわけです。

あ、以外とシンプル?

ちなみに、このショガオール。

血管を広げ、つまり、血流をよくしてくれたり。

胃腸を刺激してくれたり。

つまり、体内から発熱エネルギーを生成させてくれるのです。

ところで。

生の生姜に含まれているのが『ジンゲロール』でしたよね。

そこから『ショウガオール』に変わるまでを、わかりやすくグラフにしてみますね。

 

【ジンゲロール~ショウガオールへ】

~80度 ジンゲロール(^^)/
80~100度 ジンゲロール⇒ショウガオールへ(#^^#)
100度~ ショガオールが壊れる(>_<)

 

ちなみに。

この、ショウガオールの発熱の効果は、なんと3時間の持続するといわれています。

私の体内にも、ショガオールが浸透したのかしら~

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少し、生姜に詳しくなった気分ですよね♪

ぜひ、皆さまも少しずつお試しくださいね!

あまり難しく考えることなく。

自分の好きなものに〝ちょい足しを続ける事〟がポイントだと思います٩(ˊᗜˋ*)و

 

【つくば市の整体&アロママッサージ専門店】
ハーモニーアロマつくば店