耳つぼリンパマッサージが痛みにも効いた事例
今回は、耳つぼリンパでの事例です。

通常のアロママッサージのメニューに比べたら、受ける機会が少ないこのコース。

でも、実は隠れたファンもいるのです!

その秘密がこの事例に見つかるかも…(^_-)-☆

そして、その時の『耳つぼリンパマッサージ』に使用した、アロマが109(めぐり)になります。

109(めぐり)使用の事例

使用アロマ 109(めぐり)
メニュー 耳つぼリンパ20分
お客様 20代後半の女性
お悩み 鎖骨あたりの痛み
施術内容 首中心

背景

今回のお客様は、右の鎖骨あたりに痛みを抱えていらっしゃいました。

ただ、慢性的なコリや痛みというわけでなく、どこかにぶつけた時にできる、打ち身のような痛みです。

そのため「コリをほぐす」という方向性とは、少し異なるアプローチが必要でした。

お客様のご要望もあり、今回は、耳つぼリンパマッサージを選択。

リンパを流す際に使用する、アロマには、109をおすすめしました。

109は、応用範囲が極めて高いブレンドアロマです。

ハーモニーアロマで扱っている「ヴィ・アローム」というオーガニックアロマの中でも、最もメディアで取り上げられることが多い精油の1つです。

雑誌掲載多数セレブご愛用アロマ

109について簡単に触れます。

109は、別名を「めぐり」といいます。

循環を促すブレンドで、香りは、ややスース―するようなメンソール系で、私はよく「アーユルヴェーダ系の香り」と表現しています。

割と好き嫌いなく、使用できる香りかと思います。

109(めぐり)には、

  • ラヴァンジン
  • ローズマリー
  • ニアウリ
  • サイプレス
  • ローズウッド
  • マスティックトゥリー
  • ベチバー
  • その他 

が配合されてます。

基本的には『首肩のコリ』の緩和を目的に使用されます。

今回は、鎖骨の痛みと、少し方向性が異なるながら、身体の上部へのアプローチには最適な精油であることに違いはありません。

キャリアオイルには、浸透性の高い「マカダミア」を使用しました。

109の香りについて
109は『アーユルヴェーダ系』つまり、インドを連想させるような、フル懐かしいハッカ飴を、ラヴェンダーでオシャレに包んだような、そんな懐かし香りです。スゴイ好きとか、苦手とかに分かれない代わりに、花々しさには欠けるので治療的な要望がある場合に多用します。

施術内容

アロマの効果で痛みも軽減
組織が損傷している可能性が高いので、ムリに流すのでなく、鎖骨付近は優しく流し、その分耳から首にかけての組織を緩め、気血の循環を促すような施術を行いました。

痛めた鎖骨付近へは、アロマの薬効成分を届けながら、タッチセラピーの効果で痛みの緩和を促すような丁寧なトリートメントを。

その分、耳つぼへの刺激は、しっかりと。

そして、頭を右回旋、左回旋と動かしながら、ムリなく首の筋肉を緩めながら、リンパの流れをつけていきました。

一通りの施術が終わったところで、首の筋肉は大分緩みました。

仕上げに、頭のマッサージと、合谷(手にあるツボ)などへの刺激を軽く入れました。

特に、側頭部やこめかみ付近に、最適な圧と、109の成分を届けるようなイメージで丁寧にヘッドマッサージを施しました。

結果

「凄い…痛みがなくなった」

「耳つぼリンパって良いですね~」

そう言っていただきました。

今回は、打撲系の鎖骨の痛みの緩和という、ややリラクゼーション店舗の専門外の事例でした。

それでも、109というアロマの持つ高い治癒効果に、改めて関心させられました。

さすが、セレブご愛用。

まさに、ヒーリング系アロマですね(^_-)-☆

より詳しく知りたい方は、以下をどうぞ♪

※フリクションの特徴のページは現在作成中です。

フリクションの特徴 ≫

メニュー・価格 ≫

 

つくば市の整体&リンパマッサージ
ハーモニーアロマつくば店

よければ、ぜひ
いいね ! お願いします!