古くなったアロマオイルの活用法

アロマオイルの第3の使い道

ジリジリ照りつける夏も、終わりを告げようとしているのを感じるようになりました。

あっという間に季節が変わり、衣替えをする時期です。

この数年は断捨離が流行っていますね。

私も服を一枚一枚手に取り、ときめくかどうかの基準で手元に残すということを繰り返ししています。やっぱりお気に入りの服は大切に保存して、来年またベストコンディションで身に付けたいものです。

そこでアロマの登場です✨

皆さんは、「期限切れの精油」どうしていますか?

靴箱に置いたり、掃除機のフィルターに何滴か吹きかけたり色々工夫しながら、生活に取り入れているのではないでしょうか?

決して安くはないものだからこそ、最後の一滴まで楽しみたいなぁと多くの方が思っているのでは・・・。

私のオススメ活用はふたつ!

その1

ティッシュにアロマを垂らす

基本ですね!

ティッシュやコットンに期限切れの精油を1、2滴たらします。

お茶パックに包む

裏技です☆

そのままでは収納された服に直接触れてしまいシミになるかもしれませんので、それをさらにお茶パックなどの不織布で包み、四隅または対角線上に置く。

お茶パック凄い!

お茶パックはスーパーやドラッグストアでも手に入りますよ〜(*^^*)

見えづらいところも◎

ちなみに、薬局で100円位です♪

その2

トイレットロールにアロマオイル

芯に垂らします♪

トイレットペーパーの芯に何滴か振りかける。

コロコロカラカラとペーパーを使うたびにアロマの香りでトイレ全体がほのかに香ります。

芳香剤など人工的な香りのキツイものが苦手な方はぜひお試しあれ!

〝もちろん〟
私が紹介した活用法は、有効期限内の精油でもOKです。

まとめ

使用期限切れのアロマオイルの活用法
少し前から「香害」という言葉も耳にするようになる中で、やはり自然のふあ〜っと広がる香りって、どこか安心するのを感じます。

ちょっとしたことだからこそ、毎日の暮らしに取り入れてみるだけで豊かな気持ちになりますよ( ˘ω˘ )